基本的に検査をするときに必要になる

男女

病院に行く場合には、風邪などの症状であれば診察をして薬が出されておしまいになるケースが多いです。しかしながら、なかなか一見して何の病気かわからないようなものも少なくありません。医者としても、すべての知識があるわけではなく、出会ったことがない症例などもあるでしょう。また、知識としては知っていても、実際に自分が担当したことがあまりない事例等があれば、愛に結論を出すわけにはいきません。この場合には、血液検査などを行うことが必要になります。通常この検査をするのは、医者ではありません。一方看護師が検査するわけでもないです。もちろん簡易キットなどがありインフルエンザの場合に使うキットに関しては医者が判断することは可能ですが、血液検査等の結果等は医者が判断すると言うよりも臨床検査技師が判断することになります。

患者側は医者に任せておけばよい

患者が、病院に行き血液などを採血しどのような病気なのかを知りたい場合はあるでしょう。この場合、医者に依頼して血液検査などをしてもらい病名を明らかにすることも可能になります。しかしながらこの時、直接患者が臨床検査技師に依頼するわけではありません。病院に行き先生に従って血液を採血した後は自動的に臨床検査技師の方で検査をすることになるでしょう。臨床検査技師が病院にいる場合もありますが、小さな病院の場合は臨床検査技師が病院にいるわけではなく、別の施設で検査を行う仕組みです。そのため、患者が直接何かを準備すると言う事はありません。検査の準備として必要なのは、検査を許可することと検査できるような服装をしておくぐらいでしょう。

医者が準備をするならば

医者は、数々の検査の準備を行っています。例えば、臨床検査技師が検査をするのは血液などが中心になりますが、血液だけではありません。尿検査や脳波の検査そして心電図の検査なども行います。医者で判断できることもありますが、一旦臨床検査技師のほうにレントゲンの写真や採尿したものを渡してからようやく結果が出る感じです。最終的に判断を下すのは医者になりますが、その準備としてしっかりとしたものを臨床検査技師に提供しなければいけません。そのような意味においては、医者としての準備はとても重要になります。新しく病院を立ち上げる場合には、臨床検査技師が所属する会社と契約をする必要があります。例えば会社の方から営業をかけていきますのでそれほど問題は無いはずです。もし、以前勤めていた病院から独立した場合にはその病院とつながりがある会社と契約を結ぶことになる可能性が高いです。そのような意味おいては、準備をするといっても事前にリサーチすることも必要ですがそうでない場合も多いことがわかります。

広告募集中